WOrks

2022

 

モチーフと私の関係について

このような作品を制作している1つ目の理由は、私たちはこのキャラクターたちと同じような存在なのではないかということを私自身が痛切に感じているということ。2つ目の理由はデジタル概念にアナログな要素を取り入れたいという思いからである。

私の描くキャラクターはどれもゲームのエキストラ的な人物をイメージしている。モチーフは唯一無二の特徴を持って描かれる主要な登場キャラクターではなく、どこにでもいそうな、大した特徴もない所謂モブキャラである。彼らはどういった存在なのか考えてみよう。ロールプレイングゲーム(RPG)と呼ばれるジャンルをプレイした経験がある方ならピンとくる話だと思うが、こういったモブキャラは例えばAという街では「エマ」という名前で登場したかと思うと、同時にBという村では「アン」という名前でしれっと生活をしていたりするのがこの手のゲームにおいてはお約束だ。同じ見た目のキャラクターを全く違う人物として、ゲーム内で何度も使い回しているというわけ。彼らは何者でもなれる一方で、誰でもない存在として、言い換えるならそのゲーム世界を構成するための「環境」として描かれている。そんな彼らを見つめて思う。現代に生きる私たちも彼らと同じような存在ではないだろうか、と。

ワタシハ

ワタシハ(pigtails)

530 x 530mm         Mixed media on wood panel

ワタシハ(red dress)

530 x 530mm         Mixed media on wood panel

ワタシハ(on the grass)

530 x 530mm         Mixed media on wood panel

ワタシハ(china dress)

530 x 530mm         Mixed media on wood panel

ワタシハ(dance)

530 x 530mm         Mixed media on wood panel

ワタシハ(warrior)

530 x 530mm         Mixed media on wood panel

ワタシハ(possibility)

530 x 530mm         Mixed media on wood panel

ワタシハ(ancient digital civilization)

1070 x 1070mm         Mixed media on wood panel

ワタシハ(relation)

652 x 652mm         Mixed media on wood panel

ワタシハ(nurse & dance)

530 x 530mm         Mixed media on wood panel

ワタシハ(flowers for you)

470 x 470mm         Mixed media on wood panel

そもそも「自分」は存在しない

現代というのは圧倒的な情報の波に全てが押し流されているような時代感覚さえあるが、その中で人々はアイデンティティを確立することが非常に難しくなったと言える。本当の自分は一体どこにあるのかと「自分探し」をしたくなってしまうような時代だ。しかしそこに疑問を投げかけたい。そもそも自分など存在するのだろうか?自分は存在するんだと脳が思い込んでいるだけで、本当はそんなもの存在しないのではないだろうか。例えば、人間の内臓にはいろいろな細菌がいて、そいつらが私たちの体の中でいろんな役割を担っていたりする。そういう細菌がいないと私たちは生きていくことができない。そう考えると、その細菌は自分自身の一部だと言えるのではないだろうか。いやいや私は私、細菌は細菌。と分けることができるのか?もしそう分けることができるなら、それは非常に脳的(デジタル的)な考え方であると言わざるを得ず、どこにも有りはしない確固たる自分を生涯かけて探し続けることになるだろう。

自分が自分である範囲

もう少し話を続けたい。例えば自分の体は自分が食べたものでできている。じゃあ、その食べ物は自分自身じゃないの?髪の毛は抜ける前は自分自身で、抜けたらただのゴミ?じゃあ抜けた瞬間自分じゃなくなるということ?そんな理屈が通じるならそれこそ私たちはただの脳みそロボットじゃないか。脳だけが自分、あとは全部自分に付随するもの、もしくは他者。自分ではないから操作可能。入れ替えも可能。これが現代社会が推し進めてきた価値観だと私は思う。

自己飽和

そうではなくて私たちは脳(デジタル)ではなく、脳も含めた体(アナログ)として世界と繋がっているのだ。本来自分と自分の生きる世界を区別できるはずがない。先のように食べ物は、髪の毛は、と自分の拡大を続けていくと、それまで自分と自分ではないと思われていた世界の境界線がどんどん曖昧になり、やがて全部が溶け合ってしまう。これを私は「自己飽和」と呼んでいる。そうして自分とそれ以外の世界を分けるような線など本来は引くことなどできないということを知る。それは自分というものなど本来存在しないと知ることと同義である。

全部が自分であって、何も自分ではない。それが現時点での私の答えだ。

 

以上に述べた考えをフィルターにしながら、私が幼い頃から慣れ親しんだデジタル表現であるドット絵をアナログの形で塗り起こすことによって、私には蔑ろにされているように見える身体性(アナログ性)を取り戻したいという思いを含めて更なる表現を探っていきたいと考えている。

portrait

Portrait : 10

333 x 333 mm         MIxed media on wood panel

Portrait : 11

333 x 333 mm         MIxed media on wood panel

Portrait : 12

333 x 333 mm         MIxed media on wood panel

Portrait : 13

333 x 333 mm         MIxed media on wood panel

Portrait : 17

333 x 333 mm         MIxed media on wood panel